一万人の第九 動画撮影編

先日、茶屋町の毎日放送さんの局舎へ
万九の動画撮影に行ってきました。

昨年は、自宅のPCから、動画を送信したんですが、
まあ、手間がかかる割に、達成感もないし、
ことしは、やめにしました。

テレビ局で、撮影するのは、昨年もあったのですが、
予定が合わなくて、ことしも、10月は
ダメでしたが、11月に追加募集があったので
エントリーしました。
抽選なのか?もれなくなのかは、不明。

とにかく当たってから、焦りました。
なんせ、まともに歌ったのが、
2018年12月の本番が最後です。
2019年は、初めて落選
2020年は、最後の500人に選ばれるも、
最後の最後に、無観客に。

数日前に、当選連絡がきたので、一夜漬けもいいところ。

当日の、段取りがまったくわからないままに、
不安をかかえて、乗り込みました。
広いスペースに、舞台が組んであり、
畳くらいの大きさの、アクリで区切られた
スペースが、4人分。
前に、おおきなスクリーンがあり、そこに、
佐渡さんの指揮だけが映ります。
その指揮を見ながら、歌います。
4人が一組でした。
顔の前に、タブレットがあり、そこにカメラとマイクが
あるようでした。
自分で、動画スタートのボタンを合図とともに、
押します。
一発本番!
発声練習ありません・・・
とりあえず、来たからには、思いっきり歌う!
周りなんか気にしていたら、消化不良になります。
万九は、迷惑かけない範囲で、歌ったもん勝ち(笑)

17分30秒の撮影時間。
ここまで、声をはったのは、前回の本番以来でした。
出来栄えは、正直さっぱりでしたが、
歌い切った気分は、最高でした。
とともに、来年は、一万人で、歌いたいと
改めて思いました。

終わったあとで、インタビュー受けましたが、
おそらく没でしょう(笑)

しかし、帰り道、疲労こんぱいで、
夢を見ているような気持になりました。

12月5日、スクリーンを見逃さないようにせねば

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス