小為替の手数料が200円に

今週、1月17日から、郵便局で買う、
定額小為替の発行手数料が、100円から、
200円になりました。
いきなり、倍! 
こんな値上げは、世の中でみたことない。
こんな、大ごとなのに、ニュースになってない。

小為替を使う場面の主なものは、
郵送で、戸籍や、住民票を取寄せるときです。
というか、それ以外で、使ったことない。

郵政民営化前は、この手数料は、10円でした。
民営化されて、これが、一気に、100円に。
10円のときは、とりあえず、1000円の
小為替を買って、それを何枚か同封して、
戸籍の郵送請求していました。
余分に入れて、あとは、お釣りの小為替が
返送されてくる、これで、回っていました。

ちなみに、このときに、750円の小為替が
誕生しました。
なぜ、750円が誕生したか?
古い戸籍謄本が、1通750円だからです。

300円、450円、750円の小為替は、
少しストックしていますが、
きのう、200円の小為替が必要になり、
郵便局へ、
200円の小為替に、手数料が200円・・・
合計400円・・・・

郵便局からしたら、200円でも、赤字かもしれません。
小為替は、アナログな存在で、人の手間がかかります。
近年、公共料金、税金を支払うのに、
ペイジーという、ネットやATMで、手数料無しで、
支払えるシステムが浸透してます。
戸籍謄本、住民票等も、ペイジーを導入して欲しい!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)