民法第897条による承継

先日、とても珍しい登記を経験できたので、
備忘録として、記す。

墓地の所有者に相続が起こったときは、
「民法第897条による承継」と「相続」
二つの登記原因があります。
そもそも、墓地の登記簿をみたのは初めてでした。
業歴28年にして初めて、周りの同業者にきいても、
誰も見たことないとのこと。
墓地を所有されてる方は、寺院以外では少ないのでは?

いろいろ調べて、無事に登記は完了しました。
その際に、参考にした文献を下記に書きます。
どの参考文献にも、この登記はたいへん珍しいと
書いてありました。

全部で、4件

1.相続・遺贈の登記 初版 藤原勇喜著 テイハン
  P324以下
2.改訂 設問解説 相続法と登記 改訂版 
  幸良秋夫著 日本加除出版
  P64以下
3.登記官からみた 相続登記のポイント 初版
  青木登著 新日本法規
  P35以下、P482以下
4.登記実務事例集 初版 日本加除出版
  山中正登・渡邉啓治 監修
  P21以下

なお、登記原因証明情報は、これらを読みながら、
完全オリジナルを作成しました。
ここが、かなり苦労しました。
こういう書面は、完成品みると、A4用紙、1枚に
サラッと書いてあるだけに、見えるのですが、
ここにたどり着くまでが、たいへんなんです。
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0