4630万円 誤送金

例の4630万円 誤送金事件

データ作成した役場職員は、二重チェックしてなかった?
463人分のデータを受領した銀行員も銀行員で、
データチェックしなかったのか?
1人に、4630万円、残り462人が0円の振込データ
不審でしかないけど。
いろんなことが重なってこんなことが起きたのか?

誤送金とわかってから、仮差押えをしていないのも???
遅くても、受取人と最初に接触して
悪い感触があったときに、仮差押えすると思うけど、
みんなで、秘密裏に解決しようとしたのか?

市が受取人に請求した金額が、約5100万円
弁護士さんの費用が約500万円ということ?
司法書士も弁護士も、報酬に定価はないので、
高いのか、安いのかは、外部のものには、
判断ができません。
ちなみに、定価を決めるのは、法律違反なのです。

このあと裁判になっても、被告である受取人に
抗弁の余地もないので、または、欠席裁判で、
市が勝訴することは、100%間違いないです。
そうなると、向こう10年間、受取人は、財産を
差し押さえされる日々を送ることになります。
いまは、財産はないにしても、いずれ勤労するはず。
勤労すれば、給料がでます。
その給料の一部が、差し押さえされる。
これは、勤務先にも、具合が悪いと思うんですけど。

ところで、昨日記者会見された受取人側の代理人の
弁護士さんは、なぜ、顔を隠して会見されたのか?
これも疑問。
さらに、めぼしい財産はないとされる受取人は、
弁護士さんの報酬をどうやって支払いするのか?

今後、この事件は、注目されるでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0