高校野球

今週末から、夏の風物詩 高校野球が始まる。
春の選抜は違い、世界でも類をみない
究極のトーナメント方式です。

五輪の球技も、サッカーのワールドカップも、
予選リーグがあるので、完全トーナメントではありません。

京都は、京都国際、滋賀は、近江が出場。
この二つの校名で思い出すのが、
記憶にも新しい、今年の春の選抜です。
大会直前に、京都国際がコロナで出場不可となり、
急きょ、出場したのが滋賀の近江。
その近江が、準優勝しました。

この夏、コロナの悲劇がないようにと思いつつ、
陽性は、避けられないはず。
はやり、事前のあぶり出し検査で、数校で陽性者が。
幸い、抽選会前だったので、それらの高校は、
1回戦の日程が一番最後になるように工夫されたようです。
ここまでは、よしとして、
組み合わせが決まった今から、新たに陽性者が出ると、
無念の辞退になるのかが、心配です。

高野連もなんらかの、対策を練ってるのか?
そもそも、いつまで、あぶり出し検査をやるのでしょう。
検査を受ける生徒さんは、かなりひやひやですよ。
もう、症状がある選手は、休むとして、
他の選手は、無症状であれば、出場OKでいいのでは。
相手のチームに感染させるとも思えないし。

春に辞退した、京都国際、再度、陽性に見舞われないか
とても心配します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0